公園ってなに?




公園とは

公園ってなんでしょう?一般的には公園とは次の三つの役割をもった公共用地を指します。
1.休息・鑑賞・遊戯・運動のための場
2.都市環境の整備、改善
3.災害時の避難場所



公園の分類

公園と一言でいいましたが、公園も細かく分類することができます。都市公園法に基づく都市公園に代表される「営造物公園」と、自然公園法に基づく自然公園に代表される「地域性公園」の大きく二つに分類できます。営造物公園とは土地や物件等の所有権等をまず取得し、そこに公園を設置したものです。地域性公園とは人の家やお店等も含めてまずは区域を定め、そこを公園と指定したものです。

公園 営造物公園 国の営造物公園 国民公園(皇居外苑、京都御苑、新宿御苑)
都市公園(国営公園)
地方公共団体の営造物公園 都市公園
その他の公園…特定地区公園など
地域制公園 国立公園、国定公園、都道府県立自然公園

国営公園と国立公園、一文字しか違いませんし、混同しがちですが、国営公園とは営造物公園の都市公園で、国立公園は地域制公園です。名前は似てますが中身は全然違います。



国営公園とは

国営公園とは都市公園のひとつで国が運営する大規模な公園を指します。国営公園も設置の主旨により2つに分けることができます。

1.イ号国営公園
1つの都道府県を越えて広域の見地から設置する公園
2.ロ号国営公園
国家的な記念事業、またはわが国固有の文化資産を保護活用することを目的に設置する公園



都市公園とは

都市公園とは国や地方公共団体が設置するもので、都市計画施設である公園または緑地、または地方公共団体が都市計画区域において設置する公園または緑地などを指します。都市公園の数も全国でなんと79000ヶ所以上もあります。

住区基幹公園 街区公園 250m圏内に居住する人の利用を目的 0.25ha
近隣公園 500m圏内に居住する人の利用を目的 2ha
地区公園 1kmと徒歩圏内に居住する人の利用を目的 4ha
都市基幹公園 総合公園 都市住民全般の休息・鑑賞・散歩・遊戯・運動等総合的な利用を目的 10〜50ha
運動公園 都市住民全般の主として運動の利用を目的 15〜75ha
大規模公園 広域公園 市の市町村の区域を越える広域のレクリエーション需要を満たすことを目的 50ha以上
レクリエーション
都市公園
総合的な都市計画に基づき、自然環境の良好な地域を主体に、大規模な公園を核として各種のレクリエーション施設が配置される一団の地域 全体規模
1000ha
緩衝緑地等 緩衝緑地 大気汚染,騒音,振動,悪臭等の公害防止,緩和もしくはコンビナート地帯等の災害の防止を図ることを目的とする緑地
都市緑地 都市の自然環境の保全並びに改善,都市の景観の向上を図るために設けられている緑地 全体規模
0.1ha以上
緑道 災害時における避難路の確保,都市生活の安全性及び快適性の確保等を図ることを目的とする植樹帯及び歩行者絵路又は自転車路を主体とする緑地
特殊公園
風致公園,動植物公園,歴史公園,墓地等特殊な公園
国営公園
1つの都道府県を越えて広域の見地から設置する公園 300ha以上
国家的な記念事業、またはわが国固有の文化資産を保護活用することを目的に設置する公園



text by 2007/09/02












Copyright(C)2005 kain All Rights  Reserved